養育費について

離婚する上で一番気になるのは子供がいる場合は親権と養育費でしょう。ここでは離婚時の養育費について詳しく説明していきましょう。養育費とはいったいどのようなものが含まれるのでしょうか?

【養育費とは?】

ではそもそも養育費とはいったいどのような費用なのでしょうか?養育費はあくまでも子供を育てるために必要な費用であり、親権者の生活費は含まれていません。具体的には子供の衣食住の為の費用、幼稚園や保育園から大学まで行かせるための教育費、健康を維持するための医療費、子供が自立した社会人として成長するために必要な費用と言われています。これらの養育費の費用はそれぞれの生活レベルに応じてことなります。その際の指標となる生活レベルは養育費を支払う側の生活レベルと同等のものとして考えられます。つまり離婚しなかった場合の生活と同等レベルの生活ができる程度の養育費が支払われる形になるのです。

【養育費における教育費とは?】

養育費の中でも重要な位置づけとなるのが幼稚園や保育園から大学までの教育費です。教育費は学習塾の受講料、家庭教師代、進学のための予備校授業料、受験料、学校の授業料、教材費、クラブ活動費などが含まれています。この教育費に関してもどの程度お教育レベルの教育を子供にうけさせるのかによって必要になる教育費は変わってきます。養育費として請求できるのは養育費を支払う者の学歴水準と同水準の教育を受けるための筋がⅸとされているのです。また養育費は子供が成人になるまで支払われるべきですが、大学卒業までは社会的に独立していないものとしてみなされるので大学費用は養育費として支払われます。そのため両親の学歴から大学まで進学することが見込まれる場合には、大学卒業までに必要な授業料などの教育費を養育費として請求することが可能なのです。養育費に関しては請求する前にある程度、どのくらいもらえるのか相場を知っておくことでスムーズな取引が可能になるでしょう。