離婚時の養育費ってどれくらいもらえるの?

子供がいる場合の離婚は、その後の生活費を考えて躊躇するケースが多いです。ここでは離婚時にもらえる養育費について考えてみましょう。養育費の相場をしっておくことで離婚時の話し合いに応じやすくなります。

【養育費の相場】

養育費とは子供を養育するために必要な教育費であり、養育費算定表によって相場が決められています。子供が1人の場合でまずは考えてみましょう。子供が2歳で夫の年収が500万円、妻の年収が0円の場合は養育費が5万円前後になります。子供が5歳で夫の年収450万円、妻の年収100万円程度の場合も、養育費は5万円前後になります。子供が7歳で夫の年収が400万円、妻の年収が300万円程度の場合は養育費が少しへり、3万円前後になります。
次に子供が2人いる場合です。子供が3歳と5歳で夫の年収500万円で妻の年収が0円の場合養育費は9万円です。子供が9歳12歳で夫の年収450万円、妻の年収100万円の場合は7万円前後です。子供が10歳14歳で夫の年収400万円、妻の年収300万円の場合養育費は5万円前後になります。このように子供の数と年収によって養育費の費用は変わってきます。

【養育費をきちんともらうためには?】

では適正な金額の養育費を獲得するにはいったいどうすればよいのでしょうか?まずは話し合いで自由に決め手いきます養育費早見表は、参考的な基準として存在するものであり法的な拘束力は持ちません。しかし調停や裁判においては養育費早見表が重要な指標となるのです。交渉のやり方次第では子供が1人の場合でも養育費を15万円もらうことができることも可能なのです。

【養育費の重要性】

養育費は非常に多くかかります。そのため1万円でも高くもらっておくことをおすすめします。たかが1万円と思うかもしれませんが、20歳までの養育費をもらうとすると何百万円も差が出るのです。妥協せずにきっちりと相手側と交渉をして、少しでも高い金額で養育費をもらえるようにしたいですね。養育費はもらっておいて損はありませんので、離婚時の交渉の中で慰謝料よりも重要な問題となります。