離婚協議書について

離婚は離婚届を出して終り…ではありません。離婚協議書を作成するのが一般的です。ここでは離婚協議書について考えてみましょう。

【離婚協議書とは?】

協議離婚においては離婚届に必要な事項を記入して、署名捺印して提出すればOKです。しかし離婚理由を書く必要のない財産分与や養育費、慰謝料に関する約束は口約束になってしまうケースが多いです。しかし口約束はなんの保障にもならず、言ったはず、言っていないなどと相手とトラブルを起こしやすくなってしまいます。そこでトラブル防止の為に離婚協議書を作成します。この離婚協議書は取り決めた事項を記入する書面です。希望する内容の離婚協議書を作成して、それに基づいて協議を進めていくことで話し合いは具体的に進みやすくなるでしょう。

【離婚協議書にはどのような内容が記載されるの?】

では離婚協議書にどのような内容が記載されるのかについて考えてみましょう。まずは財産分与と慰謝料の支払い額を記入します。財産分与と慰謝料では別の権利になりますが、現実的な財産分与の支払いは慰謝料と明確には区別されておらず、合算する必要もあるでしょう。

慰謝料に関しては一般的なサラリーマン家庭であれば、財産分与と慰謝料を合わせて200~500万円程度が相場と言われています。財産分与に慰謝料が含まれているかどうかも離婚協議書にきちんと明記しておくことをおすすめします。

【財産分与や慰謝料はどのように支払われる?!】

財産分与や慰謝料の支払いで一番よいのは現金の一括払いでしょう。分割払いにしてしまうと初めのうちは支払っていたものの、徐々に払い忘れが目立つようになったということもあります。できるだけ一括で支払ってもらえる金額にした方がよいでしょう。

【財産分与と慰謝料の請求期間は?】
慰謝料や財産分与も請求できる期間が決まっており、財産分与請求権については離婚成立時から2年以内、慰謝料請求は離婚成立時から3年以内にしはらわなければいけません。